【シュレイダーに】ピノ!?
■シュレイダーの黄金コンビに、四大栽培家の一角、
ウリセス・ヴァルデズを加えたピノ専門プロジェクト!

【Aston Estate Pinot Noir Sonoma Coast 2014】

[ 史上三度目の正規蔵出し ]
「元祖」ピノ版シュレイダー!
'10年に日本初上陸を果たした、シュレイダーのピノ・ヴァージョンこと 『アストン』。あの100点連発ナパ・カベ生産者にピノ版が!?と当時大変な話題となり、弊社への限定数量も瞬く間に全量完売となりました。長らく欠品しておりましたが、この度ようやく待望の日本上陸三年目、傑出'13年が到着致しました。

欠品期間中には、シュレイダー「もう一つの」ピノとして新たに 『ボアーズ・ヴュー』 が加わりましたが、あちらの畑フォートロス・シーヴューにあるのに対し、アストンの畑は更に北、アナポリス界隈にあります。

※現代のナパカベ・シーンを牽引する百点醸造家の四天王といえば…
■ボブ・レヴィ(Harlan Estate/Sloan/Bond/Levy&McClellan)、■アンディ・エリクソン(Screaming Eagle/Staglin Family/Dalla Valle/Arietta/Ovid/Dancing Hares/Favia)、■トーマス・リヴァー・ブラウン(Schrader/Tor/Rivers Marie/Revana/Jones Family/Maybach/Outpost/GTS/Wallis/Harris Estate/Casa Piena/Pulido Walker/Tamber Bay)、■フィリップ・メルカ(Dana/Hundred Acre/Bryant Family/Seavey/Lail/Vineyard 29/Parallel)。

[ 過去履歴含む ]

彼らの手掛けるナパ・カベには数多くの名作が揃いますが、一方でピノ・ノワールとなると、数えるほどしか存在しません。中でもアストンは 『シュレイダー』 のフレッド&キャロル・シュレイダー夫妻とトーマス・ブラウンが共同出資し、更にデヴィッド・エイブリュー、ジム・バーバー、グレッグ・ビョルンスタッドに並ぶ四大栽培コンサルの一人、ウリセス・ヴァルデズを加えた超大物達によるピノ・ノワールに特化した壮大な新プロジェクトです。




▼アストン・エステート(Aston Estate)
シュレイダーのオーナー、フレッド・シュレーダーは、今はなき 『コルギン・シュレーダー・セラーズ』 を当時の妻であったアン・コルギン(前妻)と創業し、ワイン醸造に関しては思いつく限りの最強夫婦コンビであるヘレン・ターリーとジョン・ウェットローファー夫妻にワイン作りを任せました。同社の成功、そしてアン・コルギンと離れた後、フレッドは自らの名前のみを冠したシュレーダー・セラーズを1998年に創業。トーマス・リヴァース・ブラウンとともに、「ニュー・ワールドでもっともホットなカベルネ生産者たるブティック・ワイナリー」の評価を手にしました。そんなシュレーダー・セラーズの派生ブランドとして生まれたピノ・ノワールに特化したワイナリーがアストン・エステート。フレッド夫妻とトーマス・ブラウンとの合弁企業として、単一畑のみにフォーカスしたエステート・ピノを造っています。

もともとソノマ・コーストの中心部、アナポリスに近い場所に、>>ゴールドリッジ・ソイルの未開墾地を2001年に発見したのはトーマス・ブラウン。直ぐにフレッド・シュレーダー、そして秘密兵器Mr.Bigの3人は協議し「これぞすぐれた未開発の土地」との共通認識を持ちました。ユニークなミクロクリマ、土壌がピノ・ノワールの栽培に最適だったからです。数か月のうちに土地は開墾され、ディジョン・クローン(115,667,777)が植樹されました。今日、デヴィッド・エイブリュー、ジム・バーバー、グレッグ・ビョルンスタッドらとならぶ四大栽培家の一人、ウリセス・ヴァルデスの管理のもと、高品質のピノを栽培し、上品でコクのあるフレーバーを持つ第一級のワインを作り出しています。

彼らは新たに開墾した40エーカーほどのこの自社畑に、慎重に三つのクローンを選択し、北東ブロックにはClone115を(複雑で大柄果実のキャラクター。エルギッシュなストラクチャー。多層のテクスチャー)、南東ブロックにはClone667を(スパイシーでコクのある黒系果実のフレーバー。旨味を網羅した完璧なウエイト)、北西ブロックにはClone777を(洗練されたアロマ、広く親しみやすい深みと凝縮感)それぞれ三つの区画ごとに分けて植樹しました。2007年まではそれらを分けて醸造・瓶詰めしていましたが、2009年よりブレンドによるエステート・ピノを一種類のみ手掛けるというストイックな姿勢で究極のピノ造りを目指しています。

カデュス、フランソワ・フレール、ルモンドの仏一級樽メーカーのからのフレンチ・オークを使用し、10ヶ月の熟成(新樽率50%)。ヴィンテージにもよりますが、ほぼ全除梗とのこと。

最良のヴィンテージとされる2012年は、品質的にも収量的にもすばらしく、特にアストンの畑では平均的に暖かく日照量も十分な日中と、冷たい海の影響を受けた涼しい夜というコンビネーションが長い生育期間をもたらしました。最新の注意を払った栽培管理(収量調整、少ない灌漑、影を作らない完璧なキャノピー・マネージメント)により、時間をかけ、ゆっくりとした生育により完璧な成熟と例年以上に凝縮した果実が生み出されたました。

キャラクターは'09年にも似ますが、更に赤系ベリーの印象が強くでています。アストンにとっても'12年は「今後とも歴史に残るヴィンテージとしてその熟成の可能性にも期待。」と述べており、最低10年のセラーリングも可能でしょう。

香りは抜栓直後から、個性はひと口目から強く発散され、極めて印象的。濃厚な深いルビー色、完熟した赤スグリ、野生の赤系ベリー、アメリカン・ブラック・チェリー、夜花開くジャスミンの甘い香りが立ち上がります。クリーミーでシルクのように柔らかい口当たりに、口中に広がるフル・ボディで濃厚な果実味。ディジョン・クローンが持つ特徴が最大限に発揮され、その酸の個性も全体を引き締める重要な要素となっています。長い余韻は言わずもがな。ド級のレア・ピノです。

百点ナパ・カベの醸造家が挑む究極のピノ造り。

■ワインスペクテイター誌92ポイント

【人気ショップが最安値挑戦!】 アストン・エステート ピノ・ノワール Estate Aston (正規品) [2014] ソノマコースト-その他

【人気ショップが最安値挑戦!】 アストン・エステート ピノ・ノワール Estate Aston (正規品) [2014] ソノマコースト-その他

一覧

【人気ショップが最安値挑戦!】 アストン・エステート ピノ・ノワール Estate Aston (正規品) [2014] ソノマコースト-その他

【人気ショップが最安値挑戦!】 アストン・エステート ピノ・ノワール Estate Aston (正規品) [2014] ソノマコースト-その他

【人気ショップが最安値挑戦!】 アストン・エステート ピノ・ノワール Estate Aston (正規品) [2014] ソノマコースト-その他

【人気ショップが最安値挑戦!】 アストン・エステート ピノ・ノワール Estate Aston (正規品) [2014] ソノマコースト-その他

オススメ番組をもっと知りたい方は インターネット番組表

【人気ショップが最安値挑戦!】 アストン・エステート ピノ・ノワール Estate Aston (正規品) [2014] ソノマコースト-その他

【人気ショップが最安値挑戦!】 アストン・エステート ピノ・ノワール Estate Aston (正規品) [2014] ソノマコースト-その他

BOSCH(ボッシュ) GBH2-18RE SDS-PLUS ハンマードリル

【人気ショップが最安値挑戦!】 アストン・エステート ピノ・ノワール Estate Aston (正規品) [2014] ソノマコースト-その他

現在障害は発生しておりません。

【人気ショップが最安値挑戦!】 アストン・エステート ピノ・ノワール Estate Aston (正規品) [2014] ソノマコースト-その他

テキスト

ページトップへ